医療機関の皆様

マイクロダイエットという選択 減量 栄養改善 福利厚生

医療に携わる皆様へ

減量サポートシステム

  • フォーミュラ食での食事指導が初めての医療機関様などご要望に応じてフォーミュラ食療法勉強会を開催致します。
  • 患者様が無理なくセルフモニタリング行うための資料をご用意しています。(食事日記・ウェートコントロールファイル)
  • 減量による医療費削減をサポートするため、特別販売企画をご用意しています。

栄養改善

マイクロダイエットは良質タンパク質・ビタミン・ミネラルを十分に、バランス良く含むため、食事を十分に摂れない高齢者の栄養補給にも応用できます。

福利厚生

病院の職員様及びご家族様への健康増進にお役立ていただけるよう、福利厚生販売をご用意しています。

このページの先頭へ

マイクロダイエットご販売の流れ

1.医師・栄養科から患者様へ紹介票 2.患者様から販売店へ紹介票を提示 3.販売店から患者様へ商品販売
  1. 1.減量が必要な患者様にマイクロダイエットをご紹介します。
    患者様がご購入を希望をされましたら、紹介票に医師名を捺印またはご記入頂き患者様にお渡しください。
  2. 2.患者様が紹介票を販売店様に持参します。
  3. 3.販売店様が患者様にマイクロダイエットをご販売します。
    ※直接患者様のご自宅にお届けする方法もございます。
    (詳しくはお問い合わせください)

このページの先頭へ

フォーミュラ食経験者のリバウンドについての報告

減量困難な肥満患者における1ヵ月間限定のフォーミュラ食経験者の減量効果はその後、維持されるか?

フォーミュラ食終了3〜6ヵ月後の積極的なフォローが効果持続のカギに!

金沢大学附属病院 栄養管理部 古一 素江、他

金沢大学附属病院 栄養管理部 古一 素江

栄養指導を継続的に受けており、体重増加はないが、減量が困難な難治症例に対し、フォーミュラ食を使用した食事療法を1ヵ月間限定で施行した結果、筋肉を保持しつつ、有意差を持って減量できたことを経験しました。そこで今回、フォーミュラ食療法施行後、その減量効果は維持されるか否かを検討しましたので、ご報告します。

対象は、当院外来通院中の肥満患者10名(男性5名、女性5名)とし、平均年齢は58.4歳で、BMI30.6、体脂肪率は39.5%、収縮期血圧128mmHg、拡張期血圧79mmHgでした。なお、対象患者10名のなかには、脂質異常症(以下、DL群)、2型糖尿病(以下、DM群)の方がそれぞれ7名ずついました。


スライド 体脂肪量の変化率

1日1食、昼食または夕食をサニーヘルス社製のマイクロ−S(以下、MD)に置き換えた食事療法を1ヵ月間施行し、その後は従来の栄養指導を継続したところ、まず、BMIがMD施行開始から3ヵ月後(MD終了2ヵ月後)まで有意に低下しました。また、6ヵ月以降は徐々に増加を示しましたが、12ヵ月後ではMD施行前と比べると、有意に減少していました。一方、推定筋肉量は、12ヵ月後も有意な変化を認めませんでした。また、体脂肪量は、BMI同様、3ヵ月後までは有意な減少を示し、その後徐々に増加を示しました(スライド)。四肢・体幹の体脂肪量は、3ヵ月後までは有意な減少を示し、6ヵ月後以降は徐々に漸増を示しました。トータルコレステロール、中性脂肪、HDLコレステロールについては、特に有意な変化を認めませんでした。肝胆道系酵素のなかではALTが3ヵ月後、6ヵ月後に有意な減少を示しましたが、血圧に有意な減少は見られませんでした。糖尿病群における変化では、HbA1cや空腹時血糖においても有意な減少は見られませんでした。


以上見てきたように、BMIと体脂肪量は、MD開始後3ヵ月後まで低下しており、MD使用終了後も減量効果が持続した理由としては、自己効力感により食事療法への意欲が高まったためと考えられます。また、BMIと体脂肪量は、MD開始後6ヵ月後以降、漸増しました。つまり、MD開始後3〜6ヵ月頃に再度、フォーミュラ食を行うなど、何らかの積極的な介入が必要であると示唆されました。

このページの先頭へ

マイクロダイエットを用いた栄養改善例

Formula Dietの新しい使い方 〜褥瘡治療への応用

肥満症治療で有用な“マイクロダイエット”難治性の褥瘡治療でも効果を確認!

東邦大学医療センター佐倉病院 NST 川名 秀俊、他

東邦大学医療センター佐倉病院 NST 川名 秀俊

褥瘡のリスクファクターが検討された平成10年度の厚生労働省・長寿科学研究事業班の報告によると、「発生については栄養状態が大きなリスクファクターとはならないものの、発生後の治療経過においては大きな意味を持つ」とされています(スライド1)。そして、日本静脈経腸栄養学会が出している褥瘡に対する栄養療法のガイドラインでは、エネルギー量やタンパク質とともに、微量元素が欠乏状態にならないように注意することが求められており、我々もガイドラインに準じて治療を展開していますが、実際には難渋するケースがあります。


スライド1 褥瘡のリスクファクター スライド2 褥瘡に対するFormula食の効果

そこで、経腸栄養剤として用いられているラコールやエンシュアリキッドと、肥満症治療に用いられるマイクロダイエット1パック分の栄養成分を比較してみたところ、マイクロダイエット(MD)では、総エネルギー量に対するタンパク質比がかなり高いことが明らかになりました。この点を踏まえて、患者さんのバックグラウンドを揃え、一般的に褥瘡治療に用いられているアイソカル・プラスEXを用いた症例とMDを用いた症例を比較・検討してみたところ、血清アルブミン、プレアルブミンといったタンパク合成能の指標がMDを使った群で改善する傾向が見られました。MDは良質なタンパク質を多く含み、それが除脂肪体重維持にかかわっているということ、ビタミンや微量元素といった必須元素が多く含まれていることから、今回、適切な栄養管理と褥瘡処置を行っていても改善が見られなかった難治性の患者さんに対して効果が期待できるのではないかと推測し、Formula食を追加投与することによって生じる褥瘡改善効果を検討してみました(スライド2)。評価項目として、血清アルブミン、プレアルブミンのほか、褥瘡のスケールとして用いられるDESIGN-Pと肉眼的所見を用いました。なお、DESIGN-Pとは、深さ、浸出液、大きさ、炎症感染、肉芽形成、壊死組織、ポケットを表す単語の頭文字をとった評価法ですが、点数が高いほど状態が悪いと評価されます。


スライド3 症例

2つの症例を紹介します。まず、79歳の女性で、もともとADLがよくなかったところに誤嚥性肺炎を起こされ、寝たきりから廃用症候群のような状態になってしまったため、一時期、ビーフリード輸液を1,000kcal投与していたのですが、計算上の必要エネルギー1,200kcalに対して少なめだったことも影響したのか、栄養状態がどんどん悪くなってしまいました。実はこの症例は他院からの持ち込みの褥瘡だったのですが、当初、DESIGN-Pスコアが20点もありました。食事は食べることができたため、計算上の必要エネルギー量を上回って、アルギニンが含まれるアイソカルジェリーも経口摂取させたのですが、なかなかよくならないことから、かなり難治性の褥瘡であると考え、MDを0.5パック分、ゼリー化させて食べさせてみました。その結果、血清アルブミン値とプレアルブミン値の著明な改善を認め、DESIGNのスコアも13点まで下がりました。肉眼所見も明らかにきれいになってきています(スライド3)。

次の症例は、最初の症例と同じような形で寝たきりになってしまった149cm、48kgの62歳女性です。この方も想定される必要エネルギー量1,500kcalを経口からしっかり食べていたにも関わらず、どんどん栄養状態が悪くなり、褥瘡の改善傾向が見られなかったことから、途中からMDを1パック飲んでもらうことにしました。その結果、プレアルブミン、血清アルブミンともに正常範囲まで改善し、DESIGNのスコアは5まで下がり、肉眼的所見でもかなりきれいになっていました。

以上より、Formula食であるMDは、肥満症治療の一ツールとしてのみならず、褥瘡の治療手段にもなりうるのではないかと考えられました。

このページの先頭へ

マイクロダイエット取扱施設

北海道

北海道 札幌医科大学
北海道循環器病院
恵み野病院
北光記念病院

東北

岩手県 岩手医科大学附属病院
宮城県 東北大学病院

北関東

茨城県 筑波大学附属病院
埼玉県 埼玉医科大学病院
自治医科大学さいたま医療センター
熊谷外科病院

南関東

千葉県 千葉大学医学部附属病院
東邦大学医療センター佐倉病院
国保松戸市立病院
成田赤十字病院
いすみ医療センター
聖隷佐倉市民病院
小見川総合病院
千葉労災病院
神奈川県 日本鋼管病院
横浜土田クリニック
横浜労災病院
横浜市みなと赤十字病院

東京都

東京都 東京大学医学部附属病院
東京逓信病院
東京女子医科大学病院
日本赤十字社医療センター
東京医科歯科大学医学部附属病院
榊原記念病院
東京労災病院
四谷メディカルキューブ

北陸信越

富山県 富山大学附属病院
済生会富山病院
済生会高岡病院
社保高岡病院
富山逓信病院
八尾総合病院
黒部市民病院
厚生連滑川病院
吉本レディースクリニック
石川県 金沢大学医学部付属病院
金沢赤十字病院
映寿会みらい病院
福井県 福井大学附属病院
吉田医院
長野県 松本歯科大学健康づくりセンター
佐久市立浅間総合病院
東御市民病院
小諸厚生総合病院
くろさわ病院
下伊那赤十字病院
国立松本医療センター
昭和伊南病院
藤森病院
諏訪マタニティクリニック
岸医院
栗田病院
北野病院

東海

岐阜県 しのだファミリークリニック
燒リ医院
岩永耳鼻咽喉科
静岡県 国際医療福祉大学熱海病院
静岡市立静岡病院
県西部浜松医療センター
愛知県 名古屋大学医学部
中部ろうさい病院
愛知厚生連豊田厚生病院
中日病院
名古屋共立病院
三九朗病院
なるみ記念診療所
成田病院
内科ののがき
イトウ内科クリニック
コスモス眼科
金城クリニック
高橋ファミリークリニック
三重県 桑名市民病院
四日市市民病院

近畿

滋賀県 滋賀医科大学医学部附属病院
草津総合病院
京都府 国立病院機構京都医療センター
洛和会丸太町病院
十条リハビリテーション
大阪府 国立大阪大学附属病院
国立循環器病センター
よしだ睡眠呼吸器クリニック
兵庫県 医療法人社団塩咲会井野病院
県立塚口病院
神戸労災病院
加古川甲南病院
和歌山県 和歌山労災病院

中国

鳥取県 米子東病院
島根県 島根大学附属病院
岡山県 岡山労災病院
広島県 国立広島大学医学部附属病院
一陽会原田病院
中国労災病院
あかね土谷総合病院
日本鋼管福山病院
山口県 医療法人さくらひつもと内科循環器
山口労災病院
山口厚生連小郡第一総合病院

四国

徳島県 国立徳島大学附属病院
香川県 香川労災病院
愛媛県 愛媛労災病院
中川循環器科内科
加戸病院

九州

福岡県 福岡大学医学部附属病院
医療法人和仁会福岡和仁会病院
恵友会霧ヶ丘つだ病院
福岡大学筑紫病院
メディカルフィットネスセンター三幸
小倉記念病院
福岡山王病院
岡田内科クリニック
天神クリニック
香林堂クリニック
大牟田共立病院
長崎県 佐世保中央病院
熊本県 熊本労災病院
大分県 大分大学医学部附属病院
大分県立病院
宮崎県 古賀総合病院
とくとめクリニック
鹿児島県 鹿児島厚生連病院
鹿児島逓信病院
今村病院分院
沖縄県 名嘉村クリニック
屋宜クリニック
あがり浜クリニック
中頭病院
お問い合わせ

このページの先頭へ